日韓併合だけでない朝鮮の属国の歴史 

朝鮮の植民地・属国の歴史

【朝鮮半島の統治国の歴史】

紀元前108年~220年:漢(植民地)

221年~245年:魏(植民地)

108年~313年:晋(植民地)

314年~676年:晋宋梁陳隋唐(属国)

690年~900年:渤海(属国)

1126年~1234年:金(属国)

1259年~1356年:モンゴル(属国)

1392年~1637年:明(属国)

1637年~1897年:清(属国)

1897年:下関条約により清の属国から開放される

1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本の尽力によりロシアの属国化を回避

1905年~1910年:日本(保護国

1909年:早期併合に慎重であった伊藤博文内閣総理大臣が安 重根(アン・ジュングン)に暗殺される

1910年~1945年:日本(併合)

1945年~1948年:アメリカ(非独立)

1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)

1948年:軍事独裁政権誕生

1948年:済州島4.3事件 3万人虐殺

1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い

1950年:保導連盟事件 30万人虐殺

1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺

1951年:居昌事件 8500人虐殺

1979年:軍出身の大統領政権誕生

1980年:光州事件 600人虐殺ことに

1993年:初の文民政権誕生

世界中の学生の教科書には、朝鮮は中国や日本の属国という記述がされている。

「朝鮮は数百年間中国の属国だった」(カナダの教科書)

「朝鮮は近代に至るまで、その国内での抵抗にかかわらず、中国と日本の属国だった」(オーストラリアの教科書)

「朝鮮半島は古代から中国の植民地であった」(インドネシアの教科書)

「朝鮮が17世紀に中国の支配に入っていて、これは中国が弱くなった19世紀末まで続いた」(タイの教科書)

「朝鮮は中国の属国だった」「1600年代初め、中国が朝鮮を再び支配した。300年間、朝鮮は中国の統治下にあった」(アメリカの教科書)

「朝鮮半島のあらゆる歴史は中国と日本の侵略と威嚇として綴られた」(フランスの教科書)

「独裁及び傀儡国家」「政治的、軍事的に帝国主義に依存している」(チェコの教科書)

「かつてロシアの植民地で、日本の植民地でもあった国家」(シンガポールの教科書)

「中国語を使用している国家」(ウルグアイの教科書)

「朝鮮半島は中国語使用地域」(アルゼンチンの教科書)

「朝鮮半島の宗教は儒教」「公用語は中国語と日本語」(クウェートの教科書)

「朝鮮半島の民族は大部分朝鮮人だが、残りは中国人と日本人で構成されている」(トルコの高校地理教科書)

「朝鮮半島を中国の領土と表記」(スイスの小学校地理教科書)

「清は18世紀なかごろに(略)朝鮮・ベトナム・タイ・ミャンマーを属国とする大勢力となった」(日本・山川出版社 『詳説世界史』)

「いっぽう清国も、朝鮮を属国あつかいにした」」(日本・東京書籍 『日本史A』)

「(日清戦争で)日本の勝利となり、下関条約が結ばれ朝鮮の独立が認められた」(『中等世界史』 韓国・英志文化社 1959年)

「朝鮮は清の半属国だった」(『高等世界史』 韓国・教友社 1962年)

世界の1億人を対象にした教科書を出版しているピアソン・エデュケーションは、朝鮮半島を中国の属国に定義付ける世界史の試験問題を出題

1478年から現在まで、アメリカをはじめ、日本、カナダ、中国など世界約50か国で教科書を出版しているオックスフォード大学の出版社が制作している中学校課程教科書は、古代中国の領土を表記した「古代の世界」の1ページで、朝鮮半島全体を中国領土に抱含

アメリカの世界史教科書では万里の長城が鴨緑江近隣までのびている地図が掲載され、「1640年代に朝鮮は中国・清王朝の属国になった」と記述

アメリカの大部分の教科書は朝鮮半島が「中国と日本の属国」と記述

全世界の大部分の教科書では、朝鮮の歴史が中国・ロシア・日本の植民地と紹介され、大部分の外国の子供たちは朝鮮史は中国の植民地と認識している。また、外国の教科書には、「朝鮮半島は中国と日本という鯨の間に挟まれた海老」だと載っている

「全世界の学生の朝鮮半島に対する認識を形成させる外国の教科書は、『朝鮮半島を中国や日本の属国で貧しい農耕国家』と記述」

アメリカの朝鮮は第二次世界大戦で日本帝国が敗れる1945年まで独立できなかった。現在も朝鮮は、中国、日本、アメリカのような大国の影響下から抜け出せずにいる」と記述

コメント

タイトルとURLをコピーしました